メンタルのお悩みはデパスで解決

メンタルのお悩みはデパスで解決

抗うつ剤が支持される理由

不安を取りのぞくデパス

うつ病の治療にはストレスの元となる原因を取り除く事や、ゆっくり休息をとることも必要ですが薬物療法ももちろん大切です。うつの原因として神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンの分泌不足が関係しております。セロトニンは気分や感情を安定させ、不安を鎮める作用があり、ノルアドレナリンは気持ちを向上させ、活力を上げる働きがあり、これらがうまく働いていないせいで気分が落ち込んだり、無気力になったり、いわゆるうつの症状が出てしまいます。なので、その不安定な状態を改善するためにも薬物療法が必要なのです。
うつの症状に有効的なデパスという薬があります。この薬は気分をリラックスさせ、不安や緊張感を和らげたり寝つきをよくしたりする抗不安薬です。坑不安剤の中では即効性があり、作用時間の効果は短時間のお薬ですが、筋弛緩作用が強いので筋肉のこわばりにも効果があります。比較的副作用が軽いということもあり、心療内科などにかかった時には最初に処方されることの多い薬で、ストレスからくるイライラなどを改善したり、肩こりや頚椎症、痙攣性の病気などにも処方されることがあります。また血圧を下げる働きもありますのでストレスからくる血圧が上昇し具合が悪くなった時に服用すると心拍や血圧の上昇を抑えてくれます。このように心身の緊張をリラックスさせる効果に優れていることから、デパスは、睡眠導入剤の代わりとしても用いられることもあり、幅広い効果があります。
デパスの副作用ですが、筋弛緩効果が強く出過ぎるとふらふらしたり、脱力して倦怠感を感じたりすることがあり、呼吸器感の働きが弱くなることで息苦しく感じたり、頭が重く感じたり、また血圧が下がる事によってめまいなどを起こすこともあります。重症筋無力症や緑内障の人は服用できません。依存性についても、抗不安薬のなかではあまり強くなく、長期間服用し、やめたときの反動で他の抗不安剤に見られがちな精神的な興奮を起こすことはほとんどありません。ですが、個人の判断で勝手に服用を止めたり、回数や量を勝手に減らさず、医師と相談し徐々に様子を見ながら減らして行くことが重要です。何故ならば、服用の状態に慣れた体にとっては急激な摂取量減少は、かえって負担になり、改善されていた症状が悪化する可能性があるからです。上手に使えば、心身ともにリラックスできる薬ですので、上手に付き合っていく事が大切です。